2006年01月23日

能勢朝次『聯句と連歌』

昭和廿五年二月十五日發行
要書房


 第一章 漢土に於ける聯句
    一 柏梁臺聯句
    二 六朝時代の聯句
    三 唐時代の聯句
     (一) 初唐・盛唐時代
     (二) 中唐時代
      (イ) 太暦時代の聯句
      (ロ) 元和長慶時代の聯句
 第二章 平安時代の日本聯句
 第三章 短連歌の性格とその發展
    一 機智問答的性格
    二 下句起しの形式の發生
    三 各句の獨立性の唱道
    四 對句的表現の短連歌
 第四章 鎖連歌
    一 鎖連歌の發生の問題
    二 鎖連歌に及ぼした聯句の影響
     (一) 句數
     (二) 韻といふ名稱
     (三) 賦物について
     (イ) 賦物は韻字の代用
     (ロ) 賦物の起因ー物の名の歌
     (ハ)「物の名の歌」と漢詩の離合・雜名詩
     (ニ) 上賦・下賦の發生と新しい韻字的意義
    三 懐紙の形式
    四 無心連歌より有心連歌へ
    五 連歌式目の發生
 第五章 聯句に及ぼした連歌の影響
  一 王澤不渇抄に見える鎌倉中期の聯句
  二 聯句の連歌化的傾向
 第六章 連歌と聯句との結合としての和漢連句
  一 和漢連句
  二 和漢連句の心得
  三 和漢連句の式目
  四 和漢連句の實例の吟味
 第七章 室町時代の聯句管見
 第八章 結語
noseasaji_renkurenga.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国文学論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三村竹清・横尾卯之助・横尾勇之助『蔵書印譜』

序文の徳富蘇峰は著作権保護期間中なので削除。

僧天海
脇阪安元
林羅山
林春徳
新井白石
山縣周南
曲直瀬正琳
野間三竹
僧元政
豊藏坊信海
人見伯毅
篠崎東海
望月三英
内藤風虎
龍樹舍
増島蘭園
松岡玄達
偏無爲貞鎮
高井宣風
桂川甫周
桂川甫粲
水野忠央
松平樂翁
朽木昌綱
新見正路
高橋宗直
山岡朋阿
近藤重藏
吉田篁トン
尾藤二洲
柴栗山
龍公美
大窪詩佛
奥田三角
原枕山
伊藤蘭嵎
篠崎小竹
朝川善庵
山本北山
塘它山
佐藤一齋
館柳灣
梁川星巖
渡邊華山
立原翠軒
立原杏所
細井廣澤
高芙蓉
松澤老泉
西村藐庵
青山延于
齋藤拙堂
大橋訥庵
藤森弘庵
狩谷掖齋
市野迷庵
澁江道純
大鹽後素
松下見林
木村巽齋
加茂眞淵
本居大平
藤貞幹
山田以文
荷田家
本居宣長
加納諸平
新庄道雄
脇田赤峰
中村佛庵
荒木田久老
足代弘訓
石原正朋
上田百樹
横井千秋
塙保己一
伊勢貞丈
加藤枝直
加藤千蔭
森尹群
屋代太郎
村田春海
竹村茂雄
山崎知雄
平田篤胤
伴信友
細井貞雄
清水濱臣
小林歌城
田中大秀
岸本由豆流
石川依平
巨勢利和
色川三中
梶女
大塚蒼梧
稻葉通邦
岡本豊彦
小田海僊
東江源鱗
卷菱湖
大竹蒋塘
市河米庵
大西椿年
貫名海屋
椿椿山
田中日華
谷文晁
喜多武清
梅辻春樵
石川竹圧
木村默老
瀬名貞雄
山崎美成
大田蜀山人
曲亭馬琴
式亭三馬
北川眞顔
川極樂ホ光圓寺
山東京山
加藤曳尾庵
喜多村信節
笠亭仙果

mimura_zosyoinpu.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。