2006年06月24日

梅室洞雲『詩律初學鈔』

詩律初學鈔 一卷      梅室洞雲著
 此書は五七言絶句の作法を述べたり、名づけて初學鈔といへり、故に其の説く所は極めて平易なり、其の内容は、目次を觀れば一目瞭然ならん、著者の傳は、詳ならず、跋に延寶戊午難波欷授とあれば粗ぼ其の時代と身分を知ることを得。
(延寶六年八月上梓文臺屋次郎兵衞)
posted by うわづら文庫主人 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太宰純『斥非』

斥非
一巻
太宰純著
太宰純、字は徳夫、春臺と號す、又た紫芝園と號す、通稱彌右衞門、信野飯田の人、本姓は平手、租、言親、加賀侯の大夫横山氏に仕ふ、父、言辰出でゝ姻族太宰謙翁の嗣となる、因て太宰氏を冒す、謙翁は飯田侯の臣なり、春臺初め程朱の學を修む、徂來を見るに及んで、大に悦び、其の舊學を棄てゝ古學を講ぜり、然れど晩年甚だ徂來に満たざる所あり、詩文に至りては、痛く李王を斥く、「文論」「詩論」を著はして縱横に之を論ぜり、延享四年歿す、年六十八。
此書は我邦の學者の文字の使用を誤り、姓名字號官職等の書式の差へるものを擧げて之を指摘せり、此書版本二種あり、江戸刻本と浪華刻本とこれなり、今此に掲げたるは、江戸本なり、浪華本は原尚賢の序に謂ふ所の盜刻の本なり、浪華本には林義卿の序あり、(今特に原氏の序の次に之を掲ぐ)この本は世に傳はるもの甚だ稀なり、今二本を對比するに、毎章の順序は同じきも、字句の異同甚だ多し、思ふに浪華本はその初稿に據りて上梓せしものにて、江戸本は他日の定本に據りしものならん、浪華本は斥非編と署せり、其の名稱も亦同じからず.
浪華本は延享元年八月に菅生堂河内屋宗兵衞の上梓する所にして、江戸本に先だつこと凡そ一年なり、江戸本には附録として春臺の「孟子論上下」「封建論」「朱子小學論」、「内外教辯」「讀仁齋論語古義」「讀仁齋易經古義」「病餘間語」「對客論文」の九篇を載せたり、詩學と交渉なきを以て、今之を省けり。(延享二年六月新刻、明和四年五月再刻江戸書肆文英閣青竹樓)
斥非.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津阪孝綽『夜航餘話』

夜航詩話    六卷 收本叢書第二卷
夜航餘話  二卷
津阪孝綽著
津阪孝綽、字は君裕、東陽と號す、伊勢の人なり、父を節翁と日ふ、年十五にして、醫師村瀬氏に依る、居ること三歳にして、心に其の技を鄙み、成らずして去る、笈を京師に負ひ、專ら經業を攻む、學ぶに常師なく、晝讀み夜抄して、或は曙に達するに至る、後帷を輦下に下し、古學を以て家を立つ、來り學ぶもの頗る多し、天明戊申、郷に還り、儒官に舉げられて、十五口糧を賜ふ、學館の創建せらるゝに及び、督學兼侍督に任ず、文政八年八月二十三日歿す、年七十、此書、名づけて夜航といふ、その義は拙堂翁の序にて明かなり、既に夜航雜載の客話に擬したれば、その述ぶる所一に非ず、或は根本的の議論あり、或は零碎の設話あり、若しその種類を擧ぐれば、故典に、韻法に、句法に、字法に、その他凡そ詩學に必用なること、一として録出せざるはなし、
正編は漢文を以てし、餘話は眞假交り文を以てせり、餘話には多く國歌俳句を引きて、作詩の法を説けり、東陽翁は、初學のもの詩を學ぶを以て、經學を修むるの門戸とせり、此の見地よりして詩話を著はす、是れ尋常一様の詩話と、その撰を異にする所以なり。(天保七年印行)
夜航餘話.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芥川丹丘『丹丘詩話』

丹丘詩話
三卷
芥煥著
芥(芥川自ら修して芥とす〉煥、字は彦章、丹丘と號す、又泥養軒と號す、京師の人、宇野鼎に學べり、薔薇館集、詩家本草等の著あり。
此書は、詩法譜・詩體品・詩評斷の三門に分ち、古今諸家の詩に關する説話を抄し、之に自家の論斷を加へたり、又詩體品には、唐人の同題の詩を竝べ記して、その句法篇法に就いて批判を下せり。(寛延辛未正月、平安書肆唐本屋吉左衞門刻)
posted by うわづら文庫主人 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津阪孝綽『夜航詩話』

津阪孝綽、字は君裕、東陽と號す、伊勢の人なり、父を節翁と日ふ、年十五にして、醫師村瀬氏に依る、居ること三歳にして、心に其の技を鄙み、成らずして去る、笈を京師に負ひ、專ら經業を攻む、學ぶに常師なく、晝讀み夜抄して、或は曙に達するに至る、後帷を輦下に下し、古學を以て家を立つ、來り學ぶもの頗る多し、天明戊申、郷に還り、儒官に舉げられて、十五口糧を賜ふ、學館の創建せらるゝに及び、督學兼侍督に任ず、文政八年八月二十三日歿す、年七十、此書、名づけて夜航といふ、その義は拙堂翁の序にて明かなり、既に夜航雜載の客話に擬したれば、その述ぶる所一に非ず、或は根本的の議論あり、或は零碎の設話あり、若しその種類を擧ぐれば、故典に、韻法に、句法に、字法に、その他凡そ詩學に必用なること、一として録出せざるはなし、
正編は漢文を以てし、餘話は眞假交り文を以てせり、餘話には多く國歌俳句を引きて、作詩の法を説けり、東陽翁は、初學のもの詩を學ぶを以て、經學を修むるの門戸とせり、此の見地よりして詩話を著はす、是れ尋常一様の詩話と、その撰を異にする所以なり。
夜航詩話1.pdf卷一〜卷三
夜航詩話2.pdf卷四〜卷六
posted by うわづら文庫主人 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源孝衡『詩學還丹』

詩學還丹  二卷  源 孝衡著
 此書は初學の士に詩を作るに最も入り易き徑路を示すを以て主旨とせり、所謂換骨奪胎の法に因り、古人の詩を本として、一篇の詩を作り出だすことより.和歌を翻して詩と爲す法を示す等皆初學に切實ならざるはなし.凡骨をして忽ち神仙に化せしむるの手段なりとは、著者が書に名づけたる所以なり、然れども是れ尚ほ初學の事に屬せり、盧門の序に戒めたる所、また此書を讀むものゝ尤も心を用ふ可き所とす、著者の傳は詳ならず、(安永六年五月刻、天保八年七月補刻、大阪敦賀屋九兵衞)
詩學還丹.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市川寛齋『談唐詩選』

談唐詩選 一卷 市川世寧著
市川世寧、字は子靜、一の字は嘉祥、寛齋と號す、又た半江、江湖詩老と號す、通稱小左衞門、上野甘樂郡の人なり、少うして江戸に遊び、林祭酒正良の門に入る、學成り昌平黌の學員に補す、寛政三年富山侯に聘せられ、藩黌の敖授となり、職に在ること二十餘年、老を以て致仕せり、其の江戸にあるや、江湖社を開き宋詩を鼓吹せり、柏如亭、大窪天民、菊池五山等皆その社に列せり、文政三年七月十日歿す、年七十二、日本詩紀の著あり、
此書唐詩選は李于鱗の選に非ざるを辯じ、服南郭の校刻本の誤を指摘せり、唐詩選を讀むには必すこの書を一讀せざるべからす。
談唐詩選.pdf

一  敍言一則
ニ  唐詩選僞本甚多
三  詩選叙可以爲謡詩刪序
四  辯詩選五古甚少
五  南郭以狐白本爲詩選原本之非
六  現行本載帝京篇於卷末之誤
七  漢土無有詩選原本之證
八  辨總目云詩選摘取詩刪中詩誤
九  改正五七言古詩文字
十  詩選所收不獨詩刪中詩之證
十一 辨孫逖詩之失法
十二 改正五律文字
十三 改正五排律文字
十四 改正七律文字
十五 唐時不嫌拗體
十六 論七律對句下三連
十七 改正五七絶文字
十八 五七絶拗體
十九 崔惠董詩開生面
廿  崔氏兄弟置卷末之誤
廿一 崔氏兄弟可入盛唐
廿二 初盛中晩要大概言之
廿三 七言四句稱絶句辯
廿四 後世作者不知勒韻
廿五 五律排律以對起爲正體
廿六 南郭誤用含杯字
廿七 太白絶句用意不用意辯
廿八 古今詩刪非僞晝之證
廿九 總論一則
   計二十九條
posted by うわづら文庫主人 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本北山『孝經樓詩話』

解題
孝經樓詩話 二卷
山本信有著
山本信有、字は天禧、北山と號す又奚疑翁、學半堂逸士、孝經樓主人と號す、井上金峨を見て折中説に服し、其の誨督を受く、學成り自ら一格を構へ、經學は孝經を以て根據とし、文は韓柳を主とし詩は宋人の清新を宗とし、自ら其居を命じて孝經樓と曰ふ、是の時操觚の士、蘐園の餘風を承け、詩文は李王を宗とせり、北山因て「作文志毅」「作詩志殼」の二書を撰し、大に李王を排撃せり、四方の士其門に入るもの數百人、文化九年五月十八日歿す、年六十一、門人私に諡して述古先生と曰ふ、
此書は詩に關する熟語典故一百條を録す、其の旨、六如の葛原詩話と齊く宋詩を鼓吹するに在り、然れども彼は專ら奇語僻典を集めたるも、此は唐詩選の僞選を論じ、聯珠詩格の忠義の正書なるを論じ、滄浪詩話の謬妄を駁する等卓見少からず、今卷末に附録として北山及び佐藤一齋の聯珠詩格の序を載す。


孝經樓詩話.pdf

孝經樓詩話總目
一 載陽(巻上)
二 餘寒殘暑
三 暮春三月 九日重陽 中秋八月 九月秋
四 寒餘
五 寒夜
六 清和
七 一百五 二月二 三月三 四月八 浴佛日 正月十三 正三 六月六 觀蓮節
八 二月六夜 十三 秋三五 八月十五
九 八月十二
十 上元三五
十一 閏七夕 閏中元
十二 七月閏
十三 月初三
十四 新月非胐
十五 初月 眉月 眺月
十六 新月指胐
十七 初日 初月
十八 銅片 雨片 秋片 梅片 風片 片子 片日 芭蕉片 鮫納片
十九 一片
廿  拂曙 拂旦 投曉 侵曉
廿一 雨足
廿二 日斜 日長
廿三 午時
廿四 子夜 午夜
廿五 祈雨詩謡
廿六 僞唐詩選
廿七 眞唐詩選
廿八 漫堂説詩詳唐詩選
廿九 唐詩選 唐詩歸
卅  嚴滄溟詩話妄書
卅一 滄浪謬論
卅二 三唐
卅三 王院亭 趙秋谷 馮鈍吟
卅四 神韻
卅五 唐詩品彙誤
卅六 楊升庵評高廷禮
卅七 唐詩鼓吹
卅八 唐三體詩
卅九 全唐詩杜撰 文體明辨誤
四十 杜常非唐人
四十一 古今印史竹坡詩話誤
四十二 聯珠詩格 劍南詩鈔
四十三 佩文韻府謬誤
四十四 九九年 九九辰 九辰 重節
四十五 赤白丸
四十六 日本刀詩 風暖鳥聾碎 紅燭秋光詩
四十七 詩誤作者
四十八 打起黄鴬詩 五日觀妓詩
四十九 唐音誤
五十  三折肱 三折臀 枕臂(卷下)
五十一 筒簟 筒鈎
五十二 倒用熟字
五十三 似倒用非倒用
五十四 浮雲世事詩
五十五 麓堂詩話誤
五十六 三字疊用
五十七 疉字詩格
五十八 末厥兵
五十九 探支
六十  爛慢 爛漫 瀾漫
六十一 寒菊
六十二 柳絮 柳花
六十三 類菜 挑菜 折葵 拔蔬 綴蔬 挽蔬 稻菜 採甲
六十四 蕭鳴草誤
六十五 櫻花 櫻珠
六十六 餅 餻
六十七 午時鐘 五更
六十八 木母
六十九 燕孑花 杜若
七十 橙花 香橙 柑花
七十一 竹枝詞
七十二 柳枝詞 橘枝詞
七十三 芭蕉樹 芭蕉林
七十四 梧桐 桐花
七十五 紫藤 紅藤 朱藤 青藤
七十六 梅花紙帳
七十七 本邦書詩法
七十八 十九日重陽 十三日上巳
七十九 上巳
八十 霜月
八十一 張卿房賃
八十二 寇萊公 花鑞燭
八十三 搏拳
八十四 藕絲
八十五 僧家子錢
八十六 上杉謙信詩 十三夜 晦日 十六夜
八十七 利觜蠅
八十八 枯枝独丹 小野村芍藥
八十九 海溢 兎缺 自鳴鐘 自鳴琴
九十 古墨 祭墨詩 祭詩詩
九十一 葉染道衣
九十二 二李 三袁
九十三 宋詩選 玉琴宋詩選 宋詩鈔
九十四 茶花 様花 茗花 茶讌 茗讌 係茶事熟字
九十五 煎茶 葉茶 末茶 片茶 團茶 蝋面茶
九十六 烟草
九十七 臂閣 規矩 千里鏡 顯微鏡
九十八 況南蘋
九十九 三弦 提琴
一百 清新
posted by うわづら文庫主人 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園南海『詩學逢原』

詩學逢原二卷  阮瑜著
此書は前卷に收めたる南海詩訣と同じく初心の爲めに著はされたるものにして.詩語と常語との相違を述ぶるが如きは、極めて卑近の處より説き出だせり、又詩は境と趣との二途ありて、千變萬化して種々の働きを爲すことを説明せり、是れ最も作詩者の知らざる可らざる所とす。
詩學逢原.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 12:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日尾約『詩格刊誤』

詩格刊誤   二卷         日尾約著
 日尾約、宇は省三、省齋と號す、江戸の人、荊山の養子となり荊山の女直子を妻とせしが蚤く歿せり。
 此書は、専ら韻法及び聲律を論ず韻法に於いては武元登登庵の古詩韻範の謬誤を舉げ、例を引いて之を辨ず、其の餘、古詩の平仄、近體の拗句を論ずるに、一一唐詩を引いて之を證せり、皆鑿鑿として竅に中らざるはなし、(嘉永三年、三都書肆刊)
詩格刊誤.pdf

詩格刊誤目録
卷上
 古詩韻法
 古韻
 古詩卒仄
卷下
 五言律拗句
 七言律拗句
 絶句拗體
 諸拗句
 律韻
 兩音
 對偶
 用重疊字
 詩語錯綜
posted by うわづら文庫主人 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冢田大峯『作詩質的』

作詩質的   一卷         冢田虎著
 冢田虎、字は叔貔、通稱は多門、大峯と號す、信濃の人、父を旭嶺といふ、室鳩巣の門人なり、大峯初め父に學び、宋學を奉ぜしが、其後ち古今の書を研究し、經義に流派を分つの不可なるを論じ.經に依りて經を解するを可とすと稱し、復古學を唱へ、自ら諸經の解を作れり、天明元年、尾張侯の侍讀となる、文化八年、尾藩明倫堂督學に擢んでられたり、天保三年三月二十一日歿す、年八十八。
 此書は詩を學ぶ者は、正道に據らざれば、假令佳趣妙想あるも、遂に邪徑に陷るの弊あり、之を射を學ぶに譬ふるに、質的を正して之を射るに非ざれば、巧手となる能はざるが如し、此書名づけて質的といふ、其命名によりて、その書の内容を推すべし、「餘話」には、和漢の詩を引き、或は批評し、或は解釋せる等、亦皆學者に益せざるはなし.
作詩質的.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

林愨『史館茗話』

史館茗話   一卷         林愨著
 林慇は、徳川幕府の儒官にしては鵞峯の長男なり、字は孟著、一の字は春信、梅洞又た勉亭と號す、又三郎と稱す、幼より聰慧にして、博く群書に通じ、最も詩を善くす、寛文中、鵞峯幕命を奉じて本朝通鑑を修す、梅洞亦之に與れり、吏館退休の暇に我邦中古以來の藝苑の遺事を聚め、名けて史館茗話といふ、書未だ成らず、寛文六年九月朔疾を以て歿す、齡僅に二十四、父鵞峯深く之を悲痛し、之を完成せんとし、暇ある毎に筆を執りて其の後に綴る、梅洞の聚むる所凡そ四十二件なり、因て之を補足して一百條とし、爲めに序と跋とを作りて其の由來を述べたり、太宰春臺、大東世語を作る、多く材を此書に取ると、清田 叟二書を評して曰く、彩色の美は世語に在り、古色蔚然として一時の情釈宛然たるは茗話に在りと.
史茅茗話.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江村北海『日本詩史』

posted by うわづら文庫主人 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唐詩平側考・詩語考附録 

唐詩平側考  三卷
詩語考附録  一卷
盧玄淳著
此書は、中井竹山の「詩律兆」と雙璧ともいふべき著書にして、彼は專ら律詩のみに限りたるも、此は律詩と古體とを併せ論じ、彼は漢丈を以てし、此は眞假交り文を以てせり、蓋我邦の詩人概ね聲律に疎にして、往々唐人の嚴禁する所を犯せり、今此書は一々例を舉げて之を辯ぜり、其古詩に平側あるを論じたるは、翁方綱が王漁洋の説を叙述せしより、約二十年前にして、是が先鞭を著けたるものと謂ふべし、附録には、我邦の作者が國訓によりて、文字の使用を誤れるを論じ、一々例を引いて之を指摘せり。

唐詩平側考.pdf

板本は、
http://uwazura.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_a3d2.html
posted by うわづら文庫主人 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南郭先生燈下書

南郭先生燈下書   一卷      服 元喬著
 服(服部、自ら修して服とす、)元喬、字は子遷、南郭と號す、又た一に芙蓉館と號す、小右衞門と稱す、平安の人なり、幼にして穎敏.年十六にして柳澤吉保に仕ふ、壯なるに及び、物徂來に師事し、古文辭を治む、當時諸侯往々延招す、晩年肥後侯禮を厚ふして之を聘し、文學を問ひ、旁ら國政を諮詢せらる、寶暦九年六月二十一日歿す、享年七十七。
 此書は、或る人の問に答へ學問文章詩賦に就いて、普通心得置くべきことを述べたるなり。
南郭先生燈下書.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新井君美『白石先生詩範』

白石先生詩範  一卷    新井君美著
 新井君美、字は在中、初の名は 、一の字は濟美、白石は其の號なり、又た紫陽・錦屏山人・天爵堂・勿齋等の號あり、江戸の人、父正濟、久留里侯に仕ふ、白石幼にして岐嶷、三歳にして能く大字を書す、長じて木下順菴に學ぶ、元祿中、徳川家宣甲府の藩邸に在り、白石を召して儒官とす、家宣將軍と爲るに及び、祿五百石を賜ひ、從五位下に叙し筑後守に任ぜらる、享保十五年歿す、年六十九、明治四十年十一月十五日正四位を贈らる。
 此書は作詩法を述べて人に答へたるものにて、五七律絶古風のことより、故事熟語等の瑣事に及べり、其の説く所切實にして、學者に裨益すること多し。

白石先生詩範.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園南海『詩訣』

詩訣   一卷               阮瑜 著
 阮(本姓は源、自ら修して阮とす、又姓祗園を自ら修して祗とす)瑜初の名は正卿、字は伯玉、南海と號す、又た蓬莱、鐵冠道人と號す、俗稱は與一、其の居を名づけて湘雲と曰ふ、紀州藩の文學なり、天資雋逸にして文藻あり、幼にして父に隨ひ江戸に來り、年甫めて十四にして、木下順庵に學び、尤も詩に長ぜり、正徳中、朝鮮聘使に江戸に會見せり、世に松浦禎卿と併せ稱して木門の二妙と曰ふ、又新井白石・梁田蛻岩と併せ稱して三大家と曰ふ、寶暦元年九月八日歿す、年七十五。
 此書は、初學の徒を誘掖せんが爲めに作りしものにして、詩の構造より、字に句に、體格に、皆雅俗の別あることを述べ、且つ古風近軆の異同を説き極めて切實懇到なり
詩訣.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。