2006年06月24日

南郭先生燈下書

南郭先生燈下書   一卷      服 元喬著
 服(服部、自ら修して服とす、)元喬、字は子遷、南郭と號す、又た一に芙蓉館と號す、小右衞門と稱す、平安の人なり、幼にして穎敏.年十六にして柳澤吉保に仕ふ、壯なるに及び、物徂來に師事し、古文辭を治む、當時諸侯往々延招す、晩年肥後侯禮を厚ふして之を聘し、文學を問ひ、旁ら國政を諮詢せらる、寶暦九年六月二十一日歿す、享年七十七。
 此書は、或る人の問に答へ學問文章詩賦に就いて、普通心得置くべきことを述べたるなり。
南郭先生燈下書.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19751412
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。