2006年06月24日

日尾約『詩格刊誤』

詩格刊誤   二卷         日尾約著
 日尾約、宇は省三、省齋と號す、江戸の人、荊山の養子となり荊山の女直子を妻とせしが蚤く歿せり。
 此書は、専ら韻法及び聲律を論ず韻法に於いては武元登登庵の古詩韻範の謬誤を舉げ、例を引いて之を辨ず、其の餘、古詩の平仄、近體の拗句を論ずるに、一一唐詩を引いて之を證せり、皆鑿鑿として竅に中らざるはなし、(嘉永三年、三都書肆刊)
詩格刊誤.pdf

詩格刊誤目録
卷上
 古詩韻法
 古韻
 古詩卒仄
卷下
 五言律拗句
 七言律拗句
 絶句拗體
 諸拗句
 律韻
 兩音
 對偶
 用重疊字
 詩語錯綜
posted by うわづら文庫主人 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。