2006年06月24日

芥川丹丘『丹丘詩話』

丹丘詩話
三卷
芥煥著
芥(芥川自ら修して芥とす〉煥、字は彦章、丹丘と號す、又泥養軒と號す、京師の人、宇野鼎に學べり、薔薇館集、詩家本草等の著あり。
此書は、詩法譜・詩體品・詩評斷の三門に分ち、古今諸家の詩に關する説話を抄し、之に自家の論斷を加へたり、又詩體品には、唐人の同題の詩を竝べ記して、その句法篇法に就いて批判を下せり。(寛延辛未正月、平安書肆唐本屋吉左衞門刻)
posted by うわづら文庫主人 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。