2006年06月26日

原田東岳『詩學新論』

詩學新論  三卷      原 直著
 原直(原田氏、自ら修して原とす)直、字は温夫、東岳と號す、吉左衞門と稱す、越後の人、本姓は酒田氏.出で丶原田氏を嗣ぐ、原田氏は日出侯の世臣にして、巨室を以て藩の大夫たり、東岳、經義を伊藤東涯に學び、叉た服部南郭に從ふて古文辭を修む、天明三年十二月三日歿す、享年五十有五。
 此書は、三百篇より説き起し、明代に至るまで、各時代の詩風を細に詐論せめ、特に唐明二代の詩に就いては、詳備を極めたり、江村北海の序に、此書雖論駁不一、要爲嘉靖諸才子發耳と言へり、以て其の著作の大旨を推すべし。
詩學新論.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19876955
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。