2006年06月26日

貝原篤信『初學詩法』

初學詩法  一卷   貝原篤信著
 貝原篤信字は子誠、益軒又た損軒と號す、通稱は久兵衞、筑前の人、世,福岡侯に仕ふ、明暦中京師に遊び、松永尺五・山崎闇齋・木下順庵の諸儒に從ひて學ぶ、老に及び藩侯の禮遇甚だ渥し、正徳四年歿す、年八十五、
 此書は古今の詩に關する説話を集め、項を分ちて之を録す、大抵平易穩當なるものを擇び、初學をして正路に向はしめんことを期せり。延寶八年七月新刊)
初學詩法.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19877047
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。