2006年06月26日

小畑行簡『詩山堂詩話』

詩山堂詩話
一卷
小畑行簡著
小畑行簡、字は居敬、詩山と號す、又た眞隱と號す、通稱は、良卓、京都の人にして、江戸に住す、明治八年七月四日歿す。
此書は西國漫遊中に得たる所の詩に就いて、格律風調共に優秀なるものを採りて之を録せり、詩聖堂詩話・五山堂詩話等と略ぼ其の體を同うせり。
詩山堂詩話.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。