2006年06月26日

長野確『松陰快談』

松陰快談   四卷    長野 確著
 長野確、字は孟確、豊山と號す、父名は祐清、伊豫川ノ江の人、七歳にして句讀を郷師宇田川南海に受け、弱冠にして浪華に遊び、中井竹山に師事す、竹山歿し、笈を負ふて江戸に至り、柴野・尾藤・古賀三博士に見え教を受け、初め曾て神戸本多侯に仕へたるも、一朝病と謝し官を辭し、退いて家居し、刻苦書を讀み、古文を學ぶ、性狷介世に媚ぶる能はず、志を得ずして歿す、享年五十五、時に天保八年八月二十二日なり,
 此書は詩話・文話以外に、學術談あり、歴史談あり、修養談あり、書畫筆墨硯紙印章の談あり、若し夫れ徂徠南郭東涯鳩巣諸儒の詩文學術を月旦するが如き、尤もその識見を見る、此書早く清國に傳はり、昭代叢書癸集に收められたり、原書の分卷を廢し、合せて一卷とし、且つ序文を省けり、卷内時に字句を刪れる處あり、
 第一卷末章の末尾の噫の字を削り、第三卷末章の末尾の一句を削るが如き、是れなり、殆んど何の意なるを知らず、皆大義に關する所に非ず、故に今一々之を校勘せず、一篇の跋丈、今これを卷末に附載す。(京都書林積玉堂梓行)

松陰快談.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19877807
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。