2006年06月26日

六如『葛原詩話後篇』

葛原詩話後篇   四卷       釋  慈周著
 此書は本叢書第四卷に收めたる葛原詩話の後篇にして、その體例は前篇に同じ、而して往々前篇攷据の足らざるを補ひ、所説の誤りを正すものあり、蓋、六如、晩年に菅信卿に囑して手録せしめたるものなり。

葛原詩話後篇.pdf


葛原詩話後篇目次
 卷 一
若箇
搖落
於字、之字、以字、爲字、然字
如奈何奈可、耐何.奈爲
二字三字四字連用例
鯛川諸勝
何事者、何色者、何事意、胡爲乎
末上春、下番花
惡字語例
休去
不較多、不爭多
自字
少陵
渉門弘景道俊玄奘
慳是
公事、公家事
用古人成語成句
倒用字

米年、雙井、栞年
嬾殘
姑惡、〓歸、太平鳥、鶺鴒、快活.婆餅焦,鴉舅
聖來鳴

和韻次韻始于六朝鞠
宮漏五聲、鶏三號、六更、三商
〓、〓、〓
嫩字、棣棠花
酒母、酒子、酒脚茶脚、酒過花、酒花
可中三義
那誰、阿誰、阿那、誰何
頭顱
活字死用、死字活用
詩用助字
生紙
齊己謁鄭谷李頻詩示方干
〓包船詩

  卷 二
烟火
四清、雙清、松竹梅
翠微二義
幾、獨、且、自、而、也、措于句末
五色五方四時算數字互作對偶
得我、得吾、得人

屈原塔
寧底巧、能底急、能箇痩

句間用歟字耶宇
爲字、熟字中間挿入他字
獨速、禿速、獨悚、篤速

即欲死
蒼荘仄聲、事字平聲、散字平聲、暗字平聲、司字入聲、蒲字琵字竝仄聲、冰字去聲
船名、蜻蜒艇、小〓〓、竹船
星字三義
天竺花、
吉貝花、撞花、
芭蕉樹
史彌遠伐靈隱松支〓山松、松公、日本松
金燈花
消破、不消、何消
許、爾、似許、似此、箇許
滴淋
何許、疊用字數件
死恨
春立
花似肉、紅生肉、痕生肉
花友、秤友、山友、地友
則、不則、也則
不限
些箇、些來箇、渾個
同字分聾對句用之
儘渠
武殺、武也
暄燠、暖活、暖房
無事二義
業巳
瑠泥
若爲、何似、何似生、何若
蓋總
自在茶     
兩此君一傳生南視北、作梅
渠翕、渠我、我儂、吾儂、箇儂、儂

茅柴
雨子、月子、雪子、杏子花、片子時、李子花
村歩、弄、濱
小清明
雁戸、雁臣
俯字
嬲宇
未下
云鳳
碧花、澹泊花
之字
翆如何共
小歩馬
年頭、年内
近鱧全首用駆逋韻一例
耕字押韻

  卷三
半鋤雨
粗才、粗使、粗官、粗人、粗山水
金曲巵、玉屈巵
畫胡     
薄相、賤相、窮相
過、多、幾何多、深、奇
碧梅      
紫梅      
歌一一莫哀蒲眼酷出
蠶官、蠶娘、園婆、婆官、七公、孟婆、瓧蓊、田祚、蠶榊、田祗
合殿、邇殿
索性、索鬧
零箸、箸字軍上二聲
擇勝亭、移春檻、丁字亭
太孕、少牛、小孚、牛分

眼中人
垣橋L
黄花菊、茱花亦稱畠黄花
歸遺      
乾雪、煎自愁臼
如馨爾馨
草人



唐劉叉冰桂雪車詩
思字去聲訓v悲、思字兩音
向道
缸面、甕頭
有々無々句中疊用
紅塵、軟紅
一川
重複語     
是字      
産字
直置、挑脱
頭上、當頭、當中
他日、他年、異日、明月、來朝
雪中騎ゾ驢孟浩然
古韻涌讀

研北
除是
歡料
眼看、眼
不レ似嵩湘江水北流}
屋舍間數    
烟草詩     
揉v柏爲昌物形
小茶
鏡聽詞、響卜、琵琶卜、油花卜、繭卜、琵卜、擲錢ト
泥、謁、婦、
梨花雲、梨花夢、梨花盞
蠶三幼

  卷四
儂字
無粥一
捉迷藏詩
熟食寒節
也字置昌于句末轍
唐花
稱僧爲褐
元和脚、元祐脚、
宣和脚     
老罷、阿田、郎罷
干       
掃取      
留森亭     
御所      
正使、正令、直令
茱萸烟、牡麹烟、水屏風、胡皴、竹驃襞、竹驩鰡
三絃     
自郎、既灌、絶麟
嚏、吉嚔、嚏涕 
紫陌二所
月泉吟粃詩賞
鳥獸用昌坐字鴨
橘黄之需
風流措措
風珮、簷珮
女郎
落後
小蠻、二義
作底v底
論字

小桃
在字用昌于句尾疇
孔雀詩用昌都護字腑
討來、懊惱澤家
暖字
牛菽二義、青袍二意一
眼似
補鍋匠
松蕈詩
東西玉
劇目
曷郎
杜詩喜以昌爲字一作昌韻脚
從」而省v文、歇後
宋元明清諸家絶句
反切語
法跂
暮 
一色二義
擁字
著莫莫
豪來
落集、落車、落磴
間關兩義

靂雲、貢雲
聚文韻略跋、三重韻
何言
posted by うわづら文庫主人 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。