2006年06月26日

津阪孝綽『葛原詩話糾謬』

葛原詩話糾謬
二卷
津阪孝綽著
此書は、亡友齋藤次郎(拙堂翁の嫡孫)君の藏本を借りて謄寫せしものにして、原本は葛原詩話の版本の欄外に細楷もて書き入れあり、思ふに拙堂翁が津阪氏より借りて書手に筆記せしめられしものならん、その書き入れは、第二卷の終りに止まりたり、第二卷の坪の條に、「第四卷ノ標記ニ見ハル」とあるに据れば、第四卷即ち詩話の正篇全部に渉りて糾謬を作られしことは明なり、余は後の二卷を得んとして、往年よう種々手を盡せども、終に得る能はず、勢人馬場龜久生君を煩はし、有造館書目及び津阪氏著書目録を檢するに、并に糾謬を載せず、是れ其の稿本は既に散逸し、纔に齋藤氏の家に保存せられしものなり、故に後の二卷を得んとするは、河清を待つに均し、故に現存二卷のみを茲に上梓すること丶せり、此の書はもと標記と名づけたることは、上に引きたる語にて明なり、糾謬と名づけたるは、夜航餘話に見えたり、餘話に又た糾謬數條を擧げたり、語句頗同じからず、且つ後篇に及べり.葛原詩話ノ著者六如其人は學問該博を以て自ら許したるも、津阪氏は「六如は學殖菲薄にして頗る粗淺の誤あり」と言へり、今此書は一々六如の誤謬を指摘し、例を引いて之を證せり、前卷に收めたる浸�敬所翁の著と共に葛原詩話を讀むには必參看せざるべらざる書とす。
著者の傳は、本叢書第二卷夜航詩話の解題に見ゆ。
葛原詩話糾謬.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19881727
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

津阪孝綽『葛原詩話糾謬』(続)
Excerpt: 葛原詩話糾謬二卷收三四兩卷 津阪孝綽著 本書一二の兩卷は、本叢書第五卷に收めたり*、此には三四の兩卷を收む.本書は市川勝太郎氏の藏弄に係り、氏が少壯、南勢に遊學中に、謄寫せられしものといふ、今、市川氏..
Weblog: うわづらをblogで
Tracked: 2006-07-02 10:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。