2006年06月26日

徐居正『東人詩話』

東人詩話   二卷      朝鮮 徐居正著
 徐居正、字は剛中四佳亭と號す、逹城(慶尚北道)の人、世宗甲子に登科し、世祖丁丑に重試し、丙戍に拔英・登俊の兩試に登第し、議政府左參贊となり、逹城君に封ぜられ、文衡を典り、卒して文忠と諡せらる、東國通鑑五十六卷、外紀一卷、東文選五十五卷、四佳亭集十五卷等を著せり、山本北山の聯珠詩格序に据るに、聯珠詩格の増注を作りしは此の人なり、(本叢書第二卷、孝經樓詩話附録參照)
 増補文獻備考を按ずるに、徐居正の撰する所の大東詩話一卷を載するも、東人詩話を載せず、是れ或は異名同書ならんか。
 此書の朝鮮にて初めて飜刻せられしは.明の成化十年の秋なり、(姜希孟の序に据る、)即ち朝鮮の成宗の五年に當れり、其の後ち李必榮が重刊せしは、崇禎十二年なり、李必榮の識語に据る、)即ち朝鮮仁租十七年に當れり、我邦にて之を上梓せしは、明暦元年にして、明の永暦九年に當れり、(朝鮮の孝宗の六年なり、)李必榮の重刋の歳を距ること十六年の後なり、李必榮の識語に、原本の差舛の處を頗抹改を加ふと言へるも、今李氏本を以て本邦の版本と對校するに、多少文字の異同はあれど、抹改といふべき處あるを見ず、今本邦の版本を底本とし、李氏本の異同を欄外に掲げ、且つ本文の字傍に黒圏を附したり、李氏の識語は、最後に附載せり。
此書は主として高麗の詩藻を品隲したるものにして、時には唐人の作に及べり、議論平穩にして、絶えて矯激に流れず、朝鮮の詩話中に在つて白眉と稱すべきものとす。
東人詩話.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19885634
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。