2006年06月26日

東條琴臺『幼學詩話』

幼學詩話
一卷
東條耕著
東條耕、宇は子藏、琴臺と號す、江戸の人、博聞強記なり、嘗て越後高田藩主榊原氏に聘せらる、明治十一年九月二十七日歿す、年八十四。
此書は初學の徒に作詩の入門を示さんが爲めに著はせしものなれば、極めて卑近なることのみを擇びて、懇切に説明せゐ、凡そ二十二條あり。

幼學詩話.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19890703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。