2006年06月27日

山本北山『作詩志〓』

作詩志彀
一卷
山本信有著
山本北山は、一生、袁中郎の清新を唱へて,李王七子の摸擬剽竊を排撃し、此書及び作文志轂を作りて、大にその所見を披瀝せり、李于鱗は、唐詩を剽竊し、徂徠南郭の徒は又た明詩を剽竊し、以て風雅の正聲となせり、北山は一々これを抉摘して、復た完膚なからしむ、附録には、物服二子の詩文を糾彈せり。
北山の略傳は、孝經樓詩話(本叢書第二卷)の解題中に載せたり。
作詩志〓.pdf

仄起平起
起承轉合

拗體
排律
絶句
聯句
詩餘
押韻
格調
剽襲詩十首
性靈
清新詩十五首
天門中斷
絶句解
蘭陵美酒
徂徠詩誤
唐詩歸
瀟湘何事
宮女如花
懐中自璧
諸家本集
唐詩選
秋浦歌
洛陽道
秦時明月
巳見寒梅發
漢國山河在
澹浪詩話
三家詩話
徂徠不知詩道
體裁
含蓄發露
言志詩
老杜詩
三家絶句
春臺南溟命題杜撰
列朝詩集
擬議成變化
元美定論
世論不知韓袁
佳詩暗合
中郎集
絶句解拾遺
幸不幸
〓園泌園
詩變總論

 附録
徂徠文章謬誤
南郭文章謬誤
南郭詩誤
posted by うわづら文庫主人 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19913486
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。