2006年06月28日

中根淑『詩窗閑話』

詩窗閑話
一卷
中根淑著
中根淑、字は君艾、小字は造酒、香亭と號す、本姓は曾根、幼にして中根氏に養はる、徳川氏の季、仕へて監曹より歩兵指揮官に遷る、明治の初め、徴されて陸軍參謀局に出仕し、尋いで陸軍少佐に任じ、病を以て職を辭し、家居すること數年、文部省編輯官と爲り、又數年にして罷め去る、是れより復た世に出でず、日に文墨を弄して以て自ら樂む、大正二年一月二十日、駿州興津の寓に歿す、享年七十有五、著す所の書數種あり、其の詩文集五卷、香亭藏草と名づく、詩窗閑話は其第五卷とす。
此篇は、或は韻學を説き、或は古人の詩の句法字法等に就きて、一々典據を引きて之を論ぜり、其説く所的確にして、皆前人の道はざる所、近人の詩話中に在りて稀れに觀る所とす。


詩窗閑話.pdf

大兒小兒
東坡誤用地名人名
傾城 傾國


文字倒用
不上船

狙公
鮑明遠
唐宋名家詩文字異同
非意相干
無題
杜詩用字之妙

〓地
口占
張文濳中興碑之句
閑事
爾汝動植
揮杯

〓作判

詩句省孛
短句長句

孟浩然洞庭詩
孟王李杜年代
孟王李杜交誼
祖道
應詔 應令 應教
韻學
平上去入
平上去入
冫音
三岔驛詩
歸來河水笑洗刀
朝陽

櫻樹
文字有典故

杜牧赤壁詩

無籍在
邦人用籍在宇
咽不流
用古典換字
王右軍之書
東坡石鼓歌
華清宮詩
賈島詩缺推敲
沈文卿詩
posted by うわづら文庫主人 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19982200
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。