2006年07月01日

菊池五山「五山堂詩話」

五山堂詩話 十卷 收二卷    菊池桐孫著
 菊池桐孫、字は無絃、五山・娯庵・小釣舎は皆その別號なり、左大夫と稱す、讚岐の人なり、江戸に出でゝ、市川寛齋の門に學ぶ、遂に止り住し、帷を下して教授す、特に詩を以て鳴る、文政中高松侯擢んでゝ儒官とす、安政二年六月十七日歿す、年八十四。
 山本北山、僞唐詩を排撃せしより、海内靡然として宋詩に向ふ、然れども其の謂はゆる宋詩は、眞の宋詩に非ず、五山は市川寛齋の江湖詩社に入れり、故に又僞宋詩を排撃せり、此書は多く同時の作家及び社中諸子の傑作を録せり、此書によりてその人と詩とを世に傳ふることを得たるもの亦尠からず、時に古人詩中の典故熟語等に就いて攷證する所あるも、其の所長に非ず。
五山堂詩話.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 詩話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

菊池五山「五山堂詩話」続
Excerpt: 五山堂詩話十卷收・三四五六之四劵 菊池桐孫著 五山堂詩話2.pdf 五山堂詩話から続く。
Weblog: うわづらをblogで
Tracked: 2006-07-01 20:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。