2005年02月20日

本居宣長『古事記伝』首巻・第1巻

『古事記伝』の総論の部分です。

古記典等総論
旧事紀といふ書の論
記題号の事
諸本又注釈の事
文体の事
仮字の事
訓法の事
直毘霊

kojikiden01.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 15:59| Comment(1) | TrackBack(2) | 国語学論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by うわづら文庫主人 at 2007年08月10日 17:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

本居宣長『古事記伝』仮字
Excerpt: 假字用格のこと、大かた天暦のころより以往の書どもは、みな正しくして、伊韋延惠於袁の音、又下に連れる、波比布閇本と、阿伊宇延於和韋宇惠袁とのたぐひ、みだれ誤りたること一もなし、其はみな恒に口にいふ語の音..
Weblog: 日本語史資料の連関
Tracked: 2005-02-20 16:16

[字音資料]本居宣長『古事記伝』仮字
Excerpt: 假字用格のこと、大かた天暦のころより以往の書どもは、みな正しくして、伊韋 延惠 於袁の音、又下に連れる、波比布閇本と、阿伊宇延於 和韋宇惠袁とのたぐひ、みだれ誤りたること一
Weblog: 国語史資料の連関
Tracked: 2007-08-10 17:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。