2005年04月09日

潁原退蔵「仮名草子」(岩波講座日本文学)

ebara_kanazosi.pdf
    目次
一 假名草子の名義
二 假名草子の發生
三 假名草子の本質
四 假名草子の形態
五 假名草子各論
  啓蒙的のもの
  教化的のもの
  娯樂的のもの


posted by うわづら文庫主人 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国文学論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。