2005年04月10日

志田義秀「現代俳句」(岩波講座日本文学) 

sida_gendaihaiku.pdf
     目次
まへがき
一 序説
二 黎明時代
三  「新俳句」の時代
四 「春夏秋冬」の時代
五 子規の俳句觀と俳句傾向
六 子規歿後に於ける碧梧桐・虚子の分裂
七 新傾向の展開と碧門の分裂
八 俳論の對立的進展と俳壇の分裂


posted by うわづら文庫主人 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 国文学論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。