2007年01月15日

『土佐日記』池田亀鑑校訂・岩波文庫

一、本書は、前田侯爵家蔵藤原定家自筆土佐日記を底本とし、人見卜幽が土佐日記附註によれる本節ち藤原爲相筆と稱せらるゝ本の本文をもつて校合し、その異點を脚部に注記せり。
一、校訂にあたりては、明かに定家の誤寫と思はるゝものの外、みだりに私意を加へて改むることをせす。出来得るかぎり、原本を忠實にうつさむことに努めたり。
但し假名遣はこれを統一し、句點を施し、假名には多く漢字をあて、一般読書の便を計りたり。しかれども、漢字をあっる際には、原本の假名を右傍にとどめて、その面目を示したり。
一、別に附録として、藤原惺窩が眞名をあてて校訂せしといふ妙壽院本の本文を加へたり。妙壽院本は、已に季吟の「抄」に引かれたれど、全本未だ學界に紹介せられず、今校訂者所蔵の古寫本によりて、その全文を示し得たるは、私かに欣びとする所なり。但し、家蔵の本は巻頭一葉を缺くをもって、この部分は、刈谷国書館藏、村上忠順舊藏の本をもつて補へり。
一、本書の校訂にあたりては、畏友松田武夫、大津有一両氏の助力を得たり。こゝに記して感謝の意を表す。
 昭和五年二月十一日       校訂者識
池田亀鑑・土佐日記・岩波文庫.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。