2005年06月07日

日本名著全集14〔滑稽本集〕

マルチページtiff画像ですので、対応のビューアで見て下さい。
1ページ目しか見られないビューアも多いのでご注意下さい。

解題
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei00.tif

風流志道軒伝(平賀源内)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei01sidokenden.tif

古朽木(朋誠堂喜三二・恋川春町)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei02hurukutiki.tif

当世阿多福仮面(平秩東作)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei03otahuku.tif

指面草(山東京伝)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei04sasimogusa.tif

人遠茶懸物(司馬甘交)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei05tyagakemono.tif

むだ砂子(多羅福孫左衛門)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei06mudasunago.tif

小紋雅話(山東京伝)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei07komongawa.tif

奇妙図彙(山東京伝)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei08kimyozui.tif

諢話浮世風呂(式亭三馬)
(未)「近代日本文学大系17式亭三馬集」にあるので、あとまわし。

早変胸機関(式亭三馬)
(未)紙めくりなどがあるので、あとまわし。

三芝居客者評判記(式亭三馬)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei11kakusyahyobanki.tif

柳髪新話浮世床(式亭三馬)
(未)「近代日本文学大系17式亭三馬集」にあるので、あとまわし。

人間万事虚誕計(式亭三馬)
(未)「近代日本文学大系17式亭三馬集」にあるので、あとまわし。

仮名手本蔵意抄(万寿亭正二・式亭三馬補・歌川国貞絵)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei14kuraisyo.tif

例之酒癖一盃綺言(式亭三馬・歌川豊国絵)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei15ippaikigen.tif

古今百馬鹿(式亭三馬・歌川国貞絵)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei16kokon100baka.tif

花暦八笑人(滝亭鯉丈)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei17hassyojin.tif

妙竹林話七偏人(滝亭鯉丈)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei18sitihenjin.tif

柳巷訛言(朋誠堂喜三二・恋川春町)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei19satonamari.tif
萬國《ばんこく》各《おの/\》萬國の音《をん》あり。江都《かうと》の中《うち》、北廓《ほくくゎく》の音は又江都の音にあらず。萬國《ばんこく》を離《はなれ》たる微妙《びめう》の音声《おんじやう》なり。廓中《くわくちう》又家々の別《わかち》あり。所謂《いはゆる》、丁子《ちゃうじ》の有御座《ヲザンス》、松葉《まつば》の有御坐《ヲス》、扇楼《あふぎや》の不侫《ワタクシ》、王館《たまや》の足下《オマヘサマ》の類《るゐ》の如し。こゝをもてさとなまりといふ。此|書《しよ》、皆|傾城《けいせい》の言《こと》にして、少《まれ》に遊客《いうかく》の語《ご》あり。全部|実事《じつじ》にして、一|言《ごん》の私意《しい》を加へず。聞《き》くまゝに、これこれをしるして、出所《しゆつしよ》もつとも正《たゞ》し。其|談《だん》は落咄《おとしはなし》を去《さ》ること毫髪《ごうはつ》の間《あひだ》にして、落ちると落ちぬとの境《さかひ》、わらは病《やみ》の陰《かげ》てふ物のごとし。毎行《ひとくだり》智恵なきに似て、其|言《こと》いち/\高く、風雅《ふうが》悉《こと%\く》備《そな》はる。不通《ふつう》の君子《くんし》、此書をかうがへて以て傾國《けいこく》の風《ふう》をあきらめ、傾城の尊《たつとき》を知るべし。傾城|聖賢《せいけん》の道《みち》、一《いつ》に貫《つらぬく》のゆゑを以て、夫子《ふうし》の道は遊女《いうじよ》のみともいふならし


市川団十郎評判図会
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei20itikawa.tif

新作落咄室の梅
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei21muronoume.tif

ふくら雀
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei22hukura.tif

一雅話三笑
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei23itikawa.tif

詞葉の花
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei24kotobanohana.tif

鯛之味噌津
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei25misozu.tif

刊記広告
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/meityokokkei/kokkei99.tif


posted by うわづら文庫主人 at 22:59| Comment(1) | TrackBack(3) | 文学作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、ちどり家と申します。
今私は江戸時代の遊び絵に興味を持ったところで山東京伝の小紋雅話を読んだところです。
(岩崎美術社の『遊びのデザイン』で読みました。
奇妙図彙も読みたいと思っていたのですが図書館にはなかったのであきらめておりましたがこちらで拝見させていただいてとてもうれしかったです。
ありがとうございました。
TBもさせていただきました。
Posted by ちどり家 at 2005年11月25日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4200864
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

山東京伝作 『小紋雅話』
Excerpt: このところ染の着物は苦手と続けていますが、こんな小紋が欲しいと思ったものがあります。 それは江戸時代の戯作者山東京伝作『小紋雅話』に載っていた物です。 この本のことを知ったのは社会学者田中優子さんの『..
Weblog: 生活着物日記
Tracked: 2005-11-25 21:45

【珍書:其の24 『奇妙図彙』】
Excerpt: 黄表紙で有名な山東京伝(wikipedia)の見立絵本(※)に、『奇妙図彙』(享和3(1803)年刊)という、楽しい本があります。 ※見立絵本…絵が主役になっている本。  本の冒頭で京伝が言う..
Weblog: 「珍」の煮こごり
Tracked: 2006-01-09 22:27

【本】小紋雅話 こもんがわ 江戸の滑稽紋様
Excerpt: 五島美術館の「古渡り更紗」展、行ってきました! 途切れることなく見学者が訪れていて、やっぱりお好きな方が多いんだな〜と感動^^ 小さな更紗裂のひとつひとつを覗きこみ、 みなさん時を忘れて更紗..
Weblog: いんどもよう indomoyo
Tracked: 2008-11-29 16:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。