2005年07月18日

小泉丹『野口英世』岩波新書

小泉丹1882-1952(青空文庫・作家別作品リスト)

 目次
一 前書き
二 生涯(一)
三 生涯(二)
四 生涯(三)
五 生涯(四)
六 生涯(五)
七 業績
八 人間
九 母・師・友
十 後書き
 略年譜


第九章より。
 アメリカでの野口の友として、星一と堀一郎の兩氏の名を出して置かねばならぬ。星氏との交友成立の經過などを私は知らない。同じ福島縣の産ではあるが、星氏は磐城の海岸筋の出であつて、同郷關係はない。兩人の親交はフヰラデルフヰアで始まつてゐた。既に在米久しかつた星氏がフヰラデルフヰアを通つて、異常な日本人として知つたのであらう。歸國して藥業者としてめきめき霸をなした星氏は、野口への援助に勉めた。華かな母國訪問の費用は星氏の手から出たことは前にいつた。チフスで療養長日に亙つた折の費用でもさうであつたといふ。更に前記のエックスタイツが傳記を書く爲めの渡來の路用は星氏が辨じたもので、『野口』が出來たこと、あれだけの資料を盛つたものを書かせたことは、星氏の賜なのである。恩賜賞金で田地を購入した際にも、星氏の出金があつたと聞いでゐる。金錢問題を書き續けたが、私がいはんとするのは、金錢のことではない。友交の情味である。星氏の野口への親愛が、同氏の經濟状態を通じて現らはれた現實に外ならないのである。


koizumi_nogutihideyo1.pdf

koizumi_nogutihideyo2.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5172198
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。