2005年11月04日

『夢酔独言』(『舊幕府』)

勝海舟の父、勝左衛門太郎(子母沢寛以降、「勝小吉」と呼ばれるが、小吉は養子に行っていたときの名前)の自伝のようなもの。

底本は、『舊幕府』。
musuidokugen.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8947613
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「夢酔独言」っていうタイトルの由来。
Excerpt: 「夢酔独言」それは、幕末の重臣、勝海舟のお父さん(小吉)が書き残した自叙伝、回
Weblog: 塚越誠の「夢酔独言」
Tracked: 2006-05-27 21:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。