2007年03月13日

うわづらの支部を探そう

このseesaaも、すべてのブログの合計容量が2Gまで、ということですから、そろそろ考えねばなりません。


fc2blog
A.アップロードできるファイルは、サイズが500KBまでです。
*拡張子はjpg,gif,png,mid,swf,ico,mp3,html,txt,css,js,rdfです。


ウェブリブログ
jpg、gif、png以外の形式のファイル及び、
以下の記号がファイル名に含まれている画像は、
アップロードいただけませんので、ご了承ください。
~'+&\/:*?#<>|



Doblog
画像は、1画像200KBまで、ひとつの記事で5枚までとなっています。


関西どっとコムblog
・投稿する画像ファイルの容量制限 1ファイル200KBまで
・ファイル形式 GIF、JPEG


DTIブログ
アップロードする画像に関しては、各ユーザー2GB(2048MB)まで保存できます。1回の投稿につき画像のアップロードの上限は2MBになっています。


teacup.のAutoPageでは無料では100メガバイト、有料版では1ギガバイトの容量をご用意していますので、この容量の範囲内で自由に画像をアップロードしていただくことが可能です。
アップロードできる画像はGIF,JPEG,PNG形式の画像

(ただし、プレミアム版 280円/月で、
※ファイル形式は、html,htm,txt,doc,xls,ppt,swf,flv,mp4,wmv,psd,pdf,ai,zip,lzh に対応しています。
※1度にアップロードできるファイルサイズは2MBまでとなります。
※アップロードできるファイルの総容量は無制限です。)


yaplog
次のような場合は画像のアップロードができません。今一度ご確認ください。
* GIF、JPEG以外の画像の場合


blogMaster
画像:500KBまでの画像を付けることができます

アメブロ
アップロードが可能な容量は以下となります。
・1枚あたり500KB以下
・1記事あたり5000KB(10枚)以下
・1ブログあたり1GB以下
アップロードが可能なファイル形式は以下となります。
・gif
・jpg
・png



と、適当なのが見当たりません。有料を考えるか、有料だったら、ブログよりもレンタルスペース的なところの方がよさそうです。
posted by うわづら文庫主人 at 16:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

高橋龍雄『発音教授法』

高橋龍雄『国語科教授用/発音教授法』同文館 明治34年高橋龍雄・発音教授法.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 国語学論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

志田義秀『越谷吾山』

sida_gozan.pdf
越谷吾山



亀田次郎「志田学士の越谷吾山を読んで」
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/kameda/gozan.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

2007年01月24日

2007年01月20日

江波熙『古語は斯く学ぶ』有精堂

江波熙・古語は学ぶ・有精堂.pdf

江波熙は、著作権台帳によれば、1956.2.16没
posted by うわづら文庫主人 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 辞典類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

『土佐日記』池田亀鑑校訂・岩波文庫

一、本書は、前田侯爵家蔵藤原定家自筆土佐日記を底本とし、人見卜幽が土佐日記附註によれる本節ち藤原爲相筆と稱せらるゝ本の本文をもつて校合し、その異點を脚部に注記せり。
一、校訂にあたりては、明かに定家の誤寫と思はるゝものの外、みだりに私意を加へて改むることをせす。出来得るかぎり、原本を忠實にうつさむことに努めたり。
但し假名遣はこれを統一し、句點を施し、假名には多く漢字をあて、一般読書の便を計りたり。しかれども、漢字をあっる際には、原本の假名を右傍にとどめて、その面目を示したり。
一、別に附録として、藤原惺窩が眞名をあてて校訂せしといふ妙壽院本の本文を加へたり。妙壽院本は、已に季吟の「抄」に引かれたれど、全本未だ學界に紹介せられず、今校訂者所蔵の古寫本によりて、その全文を示し得たるは、私かに欣びとする所なり。但し、家蔵の本は巻頭一葉を缺くをもって、この部分は、刈谷国書館藏、村上忠順舊藏の本をもつて補へり。
一、本書の校訂にあたりては、畏友松田武夫、大津有一両氏の助力を得たり。こゝに記して感謝の意を表す。
 昭和五年二月十一日       校訂者識
池田亀鑑・土佐日記・岩波文庫.pdf
posted by うわづら文庫主人 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。